Be going to catch and release minor intention.

とあるひのコタツガ


2006/10/24 (Tue)

冷雨
Macをを夜通し動かしておくと朝起きた時に部屋がほんのり暖かい気がする今日この頃。

部屋を片付けてオーブンを置くぞと奮起して一年。全然片付いてないなー。
先日近所のノジマにグレースカルピー焼き用オーブンで良さげなのはないかと見に行ったんですよ。温度調整が出来るやつがいいなぁと。
一番安いのっていうかどれでも付いている機能はタイマー。時間が来たら止まるやつ。次に多いのがタイマー+ワット切り替え。温度調節が出来るのはそれほど数がありませんでした。

気付いたのが、温度調節機能付きでも、数字の横に℃とか単位が書いてないんですね。100とか120とか数字だけで。多分法律上の問題なのか、それともオーブン内部の熱分布が悪いのか、はたまた温度調節器と内部温度との誤差が大きいのか。ワットなら家庭用電源は約100Vだしオーブンの電熱器の負荷量はそうそう変わる物じゃないのでワットが数値で出てきますが、温度は内部に温度計があるわけじゃないし内部温度を見ながら加熱量を調整しているわけじゃないと思うので、これくらいのワットで加熱すればこれくらいの温度になるだろうというヤマカンでやっているいい加減さで単位を書けないんでしょうかね。よく知らないけど。
今度ラオックスとか行ってみようか。


今日のツンデレさん
本当は目を描く前にしなきゃいけなかったんですが、肌を塗る際に目を保護するシールを作り忘れてました。最近ずっと目を塗ったあとに作ってるな...。
マスキングテープを目に貼り、目のくぼみに沿って爪楊枝で跡を付け、コピックライナーの黒0.05mmで跡に沿って線を引き、目からマスキングテープを剥がしたのが写真右下のテープ。コピックの先端が悪くて線がぶっとかったので、失敗という事でやり直し。で、ペンを替えて細い線が書けたら剥がしてカッター板に付けてデザインナイフで線に沿って切り抜き、再び目に貼りました。それが写真の状態。このテープの下に隠れていない部分は塗料で隠れます。
やはりイベントレポ収集中はなかなか進まないなぁ。


2006/10/23 (Mon)

秋雨
この雨が上がると寒さが深まる秋まっただ中の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

昨日のエポキシパテですが、片側の型が薄かったので上手く複製出来ておらず歪んでいたので、今度また別の日に、ポリパテとかの粘度が低いパテでやってみます。エポキシパテを押し付けた時の余分の逃げ道を作ったんですが思うように逃げていなかったので。

今日のツンデレさん
あー、まだ肌で試してないのがありました。レジンに直接フラットホワイトで混ぜた肌色を吹くパターンをやってませんでした。
そんなわけで、今回は目をレジンに直接かきます。でもコピックはレジンにはそのままでは乗らないので、GSiクレオスのレジンプライマーをラッカー溶剤で希釈した物を綿棒につけて目に塗り、乾かしてからコピックライナーのセピア0.05mmと黒0.02mmとコピックスケッチのR39Garnetで塗り。Garnetを濃く乗せてから0ColorlessBrenderで薄め。ハイライトはタイヤエナメルのフラットホワイトを爪楊枝で乗せ。爪楊枝は先端を3mmほどデザインナイフで切り落として断面積を大きくしています。
あと写真ですが、パーツが白すぎるので露出を変えてます。明日あたりで元に戻せるかも。
ちなみにまつげ等眼球以外の塗った所は肌色を吹いた時点で一旦消えます。


2006/10/22 (Sun)

農繁
再びリロード天国の日々が始まった今日この頃。

WHF神戸25に参加された皆さん、お疲れさまでした。今回は特に問題らしい問題も起きなかったようで何よりです。
WHF横浜DASH1での実験を神戸25で実施しなかった事についてコメントされたblogがいくつかありましたが、神戸25で行う実験の結果を見るにはその実験以外の要素は元に戻した方がその効果のみを見れていいんじゃないかなーと思います。
カタログ表紙のイラストがオガタスズオトから変わったようで残念な気もするしこれから楽しみな気もします。
そんなわけで、WHF神戸25イベントレポートリンク集の収集を始めてます。


零無造形館さんの発展途上日記2006/10/22光硬化パテで文字パーツを作ろうを紹介していただきました。おお、なんか素敵でいい感じなネームプレートを製作された模様。いろいろ工夫してみて下さい。


関係ないけどNHK功名が辻を見ながら昨日の武装神娘の胸パーツを型想いで複製し、エポキシパテにメンソレータムを混ぜて少しゆるくしたのを詰めてみました。ちょっと固くなったから試しに剥がしてみる。バストのトップにパテが回ってなかったけど問題無し。そこは削る所なので(笑)。っていうか島田でググると静岡県島田市や島田紳介の次に出てくる島田フミカネさんならこのバストサイズは有り得ないだろうと。氏も日記で改造されていますが。


今日のツンデレさん
すみません、今日は雨が降ってて湿度が高いのでエアブラシ吹かない方がいいとのお告げが出てるので明日。


2006/10/21 (Sat)

首痛
歯医者に行ってきた今日この頃。


予定どおり銀歯を詰めたんですが、半日過ぎた現在、詰めた時の違和感は薄れ、なんか歯の逆側が痛くなってきましたよ。神経が混乱してるのかなぁ。変な角度で噛むとズキズキするので、一週間痛みが続いたらまた診てもらおうか。


めちゃイケ見ながら武装神娘をGSIクレオスのペイントリムーバをティッシュペーパーに含ませて塗装を落としてました。なぜか。
当ページならまともなフィギュアレビュは期待出来ないですが、一応すると浅井素体、ボールジョイントを軟らかいプラスチック棒で押し付けてボールジョイントの固さを確保してたりして、凝ってるなぁと。


あ、一応ぎりぎりWHF 横浜DASH 1 イベントレポート リンク集を別ページ化しました。やりはじめれば早いのに...。
イベントレポート及びリンク集も最近だいぶ否定意見や問題点が提示されてきて大変興味深い所です。当方もその中から今後の進路や発展方法を汲み取ろうと必死です。未来のリンク集はべつに当方の変更を待つ必要はないので、何か思いついちゃった人はサクッと人の流れを奪っちゃって下さい。


今日のツンデレさん 22:40〜23:00
上のよりも明らかに短時間な気がしますが、今日は塗装の為のパーツ付け。
太くて深い穴を掘れるパーツは3mmピンバイスで穴をあけてガンプラのMGのランナーを刺して取っ手に。小さいパーツは0.8mm穴をあけて伸ばしたクリップが付いたランナーを刺し。前髪は薄いので髪の裏側に瞬間接着剤でランナーを接着。
この辺の文章で説明すんの面倒な事は写真で説明したいなー。来月あたり計画してみよう。



2006/10/20 (Fri)

歯科
あれきさんだーおりょうにメロメロな今日この頃。
神聖マタンゴ帝国さんのチェーンソー少女、買ってきてあげたよ。おっとっこーまえー。

話題をいくつか。


先月末から歯科に通っているんですよ。
歯のクリーニングと、四年前に詰めた歯の横に虫歯が出来ていたのでその治療で。
ガレージキット方面の目で見ると、虫歯って気泡みたいな物かなーなんて思いますが、治療は以前詰めた歯もろとも虫歯をおおきく豪快に削っていきます。パーツの持ち味やラインやディテールを活かすなんて事は言わないでリューターで一気にえぐり削っていきます。基部だけ残してディテールも含めてパーツはほぼ作り直しですか。
現在はパテのような物を仮に歯に詰めてあります。明日多分銀歯に交換します。


黒髪とローライズさんの2006 / 10 / 19型想いで複製するのページを紹介していただきました。
これってハサミやナイフを使うような感覚で型想いをむにっと付けて複製をガンガンやっていくような方法をしだすと、かなりパワフルに造形が出来るなとか思いました。今。


気付けばフィギュアばっかりなホビーブログさんの2006年10月20日で武装神姫 第4弾 EXウェポンセット フォートブラッグ(2007/02発売予定)が。こういうのが欲しかったんですよ。lainのシゲさんみたいな(例えが悪い)。


今日のツンデレさん
今日はパテ埋めです。
髪の先にある気泡を埋めるんですが、そのままだとやすった途端にぼろっとパテが取れてしまうので、気泡の口から0.5mmピンバイスを突っ込んで伸ばした針金を差し込んでいい長さに切り、それを軸にしてタミヤの光硬化パテを塗って電球で10秒ほど照らして固めて先端の気泡埋めとしました。光硬化パテじゃなくてゼリー状瞬間接着剤でもよかった気がしますが。
あと全体的に400番の耐水ペーパーでヤスリがけ。もう塗れるよ(多分)


2006/10/19 (Thu)

COMIC BLADE MASAMUNE 2006秋
10年分の手紙の中から要らないのを捨てようかと思う今日この頃。電話の明細とか。収納にももう限界っぽい。


COMIC BLADE MASAMUNE 2006秋。ワルキューレの降誕が連載終了してからCOMIC BLADE MASAMUNEを紹介してませんでしたが、今回からワルキューレの栄光が連載開始って事で再捕捉開始です。
今回の連載は時の鍵を抜いた男の話ですか。まぁあの建物って原っぱに塔が建ってるだけだし、入ろうと思えば入り放題だったのかも。


そういえばガレキの翔の単行本が復刊されてましたね。
いやー、いいのかなこれ(笑)。浅井さんの勤めてた所ってちょっとググれば解るのに重要機密公開って。ああ絶対フィクションですよ。どこにも書いてないけど。
1994年のガレージキット事情というとワンフェスあたりに一般参加した友人の高橋氏からの伝聞でしか知りませんでしたが、印象に残っているのがガレージキットってなんでガレキって言うの?と聞いたら瓦礫同然だからという答えが返ってきて、まぁそんなわけで当ページではガレージキットをガレキとか瓦礫とか書かない事にしているんですが余談です。


今日のツンデレさん 23:02〜23:30
「ちょい萌え」という言葉はググると意味不在のまま既にガンガン使われているようですが、どうなんでしょ。記号が1つしかないとかかなぁ。でもメガネ方面にはメガネだけでも十分という人もいるし。塾がくもんとかかなぁ(ニッチすぎて意味わかんない)。
じゃあ「ちょい受け」とか「ちょい攻め」とかどうなんだって感じもしますが、まぁそれは別の日にでも。

えー、早速原型師の方に捕捉していただきました(笑)。
今日は240番の耐水ペーパーでパーティングライン消し。耳から鎖骨まで、曲げている腕の内側が段差多めですがデザインナイフで大まかに削りながら丸めた耐水ペーパーでゴシゴシやすれば削りやすいかも。足の太もものはキットを組んだ時に下を向くのでヤスリがけが足りなくても目立ちませんが。


2006/10/18 (Wed)

前売
電車止まりまくりの今日この頃。

話題をいくつか。


いずみさんに「横浜行った時にGKismのカタログを一緒に買ってこようか?」と言った所「娘の七五三」との返事が返ってきました。街中の三歳幼女が大集合のイベントですか。そっちのほうがいいなぁ。


いじめ等による学校側の謝罪映像がニュース等で報道されています。突然突きつけられる新事実にアドリブで対応を迫られる校長も大変だなとは思いますが、人間の見本たるべき学校教師と見られている中でそれが正しい見方なのかは別として教師の未自覚が火に油を注いでいる感じもあります。
古館さんあたりの定番コメントとして「昔は近所の怖いおじさんとかが叱ってくれたものですが」というのがあります。平成の現在に於いてそれをやったら通報または訴えられかねないですが、怒られるのが嫌、じゃあ悪い事はしないようにしよう、というのは抑制として大きな効果を上げてきたと考えます。
話を戻して、ニュースでのそういった映像はたいていは学校側の謝罪のみを報道し、実際に犯罪を行った者がどうなったかやどうしているかの映像はあまり出てきません。って事はもしかして殺し得?学校が全部責任を取ってくれるの?なんて考えちゃうんじゃないでしょうか。そこまで頭が悪くなくても、犯罪を行った者の末路がどうなったかが目立たず監督者の責任追及ばかりが娯楽として前面に出ているような状況では、なんか悪い事しても全然オッケーみたいな感じじゃないでしょうか。まぁ未成年だからアレという事なんでしょうけど。
報道はされないものの風の噂で実際にはいじめを行った者への社会的制裁や私刑が行われているようですし、そのあたりを犯罪者予備軍に教えてみるのもいいかもしれません。より地下化するかもしれないけど。


今日のツンデレさん 23:50〜24:18
ふと「ちょいデレ」という単語が頭に浮かびましたがそれって普通のデレと何か違うのかと考えるとどうでもいいですね。
今回は久々に手を動かした時間を書いてみます。
デザインナイフで湯口、バリを削り取り。多分おさげの掘り起こしが一番難しいと思います。ここのラインがこう伸びて、裏側のここに繋がって...なんて考えながらデザインナイフで少しづつ削っていきました。髪の先はたいてい気泡になっていますが、それはあとあと対応を考えます。以前塗ったツンデレさんは先端を切って丸めて短くしたと思います。
頭部とおさげはダボとダボ穴を目印に0.4mmのピンバイスで穴をあけて適当なカタログからホチキスを外して伸ばして穴に刺して切って軸打ち。
スク水と両肩と胸を含む頭部はそれぞれ別パーツです。スク水と胸を合わせた状態で肩方向から0.4mmピンバイスで貫通穴をあけ、上記クリップを差して肩を接続してみました。
足はまだスク水が乗っかってるだけです。メガネは後日。


a-News+ 1.61

Last Update : 2019/01/25 00:29:46 推賞環境:Safari 携帯電話は こちら
ディープリンクフリー、フレーム内リンクフリー。readme参照。

最新の書き込みを表示
コタツガ備忘録へ
studio KotatsugaHouse Homepageへ戻る
管理担当者にメールを出す
  2006/10 
Sun MonTueWedThuFri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
Now, HERE, you see, it takes all the running YOU can do, to keep in the same place. If you want to get somewhere else, you must run at least twice as fast as that!