Be going to catch and release minor intention.

とあるひのコタツガ


2006/09/24 (Sun)

汽車
彼岸花の咲く土手の赤く染まるに心引かれる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

さっきNHKアーカイブスでSL復元整備の話をやってましたが、この番組の本放送時、よく記憶に残ってます。汽笛を聞くと自然と涙が出てきますよ。
そのあとで山口線での運行、乗りにいきましたよ。あっというまの時間でしたが、今でも心に刻まれています。

SL復活の為に熟練工やOB整備士を呼び寄せ、また全国の整備工場から記念に取っておいた部品や倉庫に眠っていた部品を取り寄せての復元、そして現役は退いたが何年被りに再び帽子を被る運転手。見ているだけで胸が高まります。


今日のRio
この肌と水着ですが、実は元絵には水着の下に別のビキニ水着の日焼け跡があるんですよ。なので胸、腰にマスキングテープでマスキングし、昨日の塗料に更にホワイトを足した物でエアブラシ。あーなんか全然目立たないなぁ。もっとクリーム色で別の色として塗装しなきゃ駄目なのかなぁ。偶然にも以前このキットの原型師の方とイベント会場で水着跡の塗装技術について伺ったんですが、日焼け跡の境目の表現について上手い方法はないかと。普通にマスキングテープでやったのでは境目がはっきりしすぎているのが問題。わたしは今回マスキングテープの境目は吹かずにその内側のみ吹いてみました。そうすればマスキングテープ境目は偶然飛び散った塗料は行くもののべた塗りではないため境界がブラシのようにぼやけるかなと。結果は...今回は色の差が目立たないので効果が解らない(笑)。
次に水着を塗るべく、とりあえず肌と水着の境だけでもと思い、水着の淵をGSIクレオスの水性カラーのブラウンで筆塗り。
なんとか今週中に塗り終わりたい所です。


2006/09/23 (Sat)

需要
したい事とやらなければならない事が一致した現在かったるくてやってられない気がする今日この頃。ちょっと体力不足です。


立喰師列伝のDVDを今日見ました。
クレープのマミって自分ちがクレープ屋なのに何で食い逃げやってるんだろう。特に記述が無い所を見るとスルーすべきなのかな。
映画を見たとき、映画館を出て初めに行った場所はモデルガン屋だったんですが、モーゼルミリタリーC96のモデルガンって置いてないですね。製品としては既に絶版っぽいですが。今まで特に意識してモデルガンを見ていなかったツケが今頃出てきたか。
モデルガン市場も今大変な時期なので、探せば欲しい時に欲しいものが手に入るのが当たり前の世界にいると悔しい思いもひとしおです。


ABC-labo.comさんでガレージキット WiKiが。たまたま一昨日くらいwikiについて調べものをしてたり興味を深めてたりしたので個人的にタイムリーな。
試しに半年くらいのスパンで作ってみようと思ってたwikiをググったら既にあったけど、2005年にちょろっと6エントリくらいしか作られてなかったので、乗っ取ろう引き継ごうかな...。


不満に思う事は幸せある。何々があったらいいのにと気付いた者にはチャンスがある。そんな事を思う日々。


今日のRio
一気に畳み掛けるのか当ページの悪い所ですが、なにげに今までRioの現物を見てなかった事に気付きました(爆)。株式会社NETのサイトを見てみたら、うわ、なんか思ってたのと全然違うじゃん。そんなわけで軌道修正。
髪はGSIクレオスの水性カラーのオレンジイエローでエアブラシでベタぬり。その後に水性カラーのあずき色で髪の影を吹いたけどもう少しコントラストが欲しかったのであずき色+パープルを1:1でエアブラシ。明るい場所を水性カラーのイエローでエアブラシ。
肌ですが、先日からの塗料にかなりホワイト+イエローを1:1で足し、クリームイエローっぽくなったのを明るい所にエアブラシ。もうちょっとかも。

[2006.09.24修正]
タグが何カ所か間違っていたのを修正。


2006/09/22 (Fri)

立喰
窓を開ければ涼しいが少し動くと汗をかく今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

amazonより立喰師列伝のDVDが来ました。
やってる映画館が少ない上にすぐ公開期間終了となってしまったので見た方も少ないかと思いますが、実際映画館内も見た方が少ない感じだったので、寝ても覚めてもとりあえず押井って人は購入を検討されてみてはいかがでしょうか。安いやつもあるよ。

ハドソンのサイトにシュウォッチの紹介ページなんてのがあるんですね。
シュウォッチとはボタンを押すとカウンタが加算され、最初にボタンを押してから10秒で加算が止まるカウンタです。つまり10秒間にボタンをどれだけ多く押せるかを競うゲームです。瞬間的に一秒間に16発とか20発とかボタンを押せる人でも10秒間持続してボタンを押し続けなければならない所にシュウォッチ特有の、生活上これでしか必要の無い技術が要求され、10秒に160発もボタンを押せるハドソンの高橋名人は名人そのものでした。
実はわたしもシュウォッチを持ってまして、なんか10秒に500発ボタンを押せるファミコンロッキーな装置を作った記憶があります。嫌なガキだな>自分
まぁ実際ファミコンをやる際には、どうせ画面上には玉は3発までしか表示されないので、速く押す技術よりも絶好のタイミングで押す技術の方が効果的だったわけですが。
ああ、マウンテンサイクルを発掘すればシュウォッチの一台くらい出てくるかな。


今日のRio
今日はまとまった時間をとらなかっらので、髪だけでも。
GSIクレオスの水性カラーのオレンジイエロー+タミヤアクリル溶剤を1:1でエアブラシ。ほとんど谷部分のみ。あとちょっと塗料が余ったので全体的にぶわっと。
...って、なんかピントが奥に合ってるし。
ところでハンドピースが毎回使いはじめはニードルがうっすらと塗料が付いて固くなって困ってますという方(主に自分)は一日の吹き終わりに塗料カップ底面から先端までの間に溶剤を満たしておくと次の日は固くならずにいいですね。基本かもしれませんが今まで知らなかったので。さすがに長期間ハンドピースを使用しないという状況は当方の場合ありえないので、その保存方法は知りませんが。


2006/09/21 (Thu)

微音
書類の提出関係が済みこれでようやく終わった今日この頃。


先日宇宙人にアプダクションされて何かインプラントされた夢を見たんですが。

夢と思っていても実際に起きた事で記憶を消されたーなんてのがオーソドックスなシナリオですが、じゃあ記憶を消すなら消すでちゃんと消せよ!って感じでイマイチ詰めの甘さが見られるというか、そんないい加減だからよくUFOを墜落させるんだよ。事故か。どうせまた飲酒か。当て逃げか。


米国での911の時にWTCにジェット機が突っ込む時に、WTC傍らにUFOがいたという話があります。
信じがたい異常事態の際だから信じがたいUFOが横にいても違和感はなさそうですが、個人的には、なんでそこで見てるのよ、お前(笑)って感じがします。歴史的瞬間なので見物したいという野次馬根性は共感出来る所がありますが、よりによって、そんな特等席で見なくてもいいじゃんっていうか。もっとなんかこう、惨事なんだから少しは自粛して欲しいものです。人の目には見えないけどカメラやビデオには写っちゃうという欠陥のある乗り物に乗ってるんだからさ。


今日のRio
昨日の状態から、余った塗料にGSIクレオスの水性カラーのイエロー+ホワイトを同量足し、タミヤアクリル溶剤で倍程度に薄めてエアブラシ。あ、昨日書き忘れてましたが昨日の塗料も薄めてエアブラシしてました。
ああ、なんとか血の気が通ってきた感じがします。
ちなみに、表面は触ってもベタつきません。タミヤアクリル溶剤で薄めてるからだと思いますが。あと下地がサフだし。これが下地がPVCだと多分いつまででもベタベタします。


2006/09/20 (Wed)

惰眠
クライマックスって最高に泣く場面だからクライマックスなのかなぁとか今更思った今日この頃。


目を閉じると、まぶたの裏にリッジレーサーズ2で道路を走っている残像が浮かびます。なんか昔こういうスクリーンセーバーあったよなぁ...なんて思いながら。
意識が朦朧とする中、聞こえてくる幻聴はBGMだったり。Rotterdam Nation Remixあたり。うさだ!うさだ!うさだ!うさだ!
ゲームは一日一時間。ドラクエやるのに一年がかり。武勇伝武勇伝。でんでんででんでん。


...ねむい。


今日のRio
お楽しみの肌色調色〜。
実は先日タレコミがありまして、とりあえずそのように。GSIクレオスの水性カラーのホワイト+ピンク+オレンジイエローを2:2:1。んー。7:6:4?とりあえず吹いてみる。うわっ、赤っ。ベースはもっと黄色に振ってある方がいいなぁ。まぁあれだ、日焼け日焼け。
塗装時、透明度の高い薄い色を重ね塗りする方法と、隠蔽度の高い濃い色を上から重ね塗りする方法と、濃い色で濃淡を付ける三通りがあると思うんですが、今回は最初のをやろうと思ってたんですが、、、結果的に二番目のになるかな?ちなみにいつもやってたのは三番目の方法。
一応一番色が現物に近くなるように画像の色をいじってます。


2006/09/19 (Tue)

多忘
何年かぶりに警察署に行ってこんばんはーと言ったら当直の警官が一斉に駆け寄ってきた今日この頃。何事!?

絶望先生の5巻を読んでたんですが、毎度の事ながらネタの密度が凄いですなー。鮮度といい元ネタのマイナーな所からメジャーな所まで。ネットでニュースサイトを毎日見てないと全部ついて来れないんじゃないのか、これ。奥付の講談社コミックスの定例文までネタが仕組まれているんじゃないかと疑ってしまいます。


きららMAXは楽しみにしていた○本の世界が載ってなくて残念でした。ああ残念だ残念だ。


週刊懐中時計(違う)、Spawning Poolさんの記事を見て気にはなっていたんですが、なんとなくゲット。まぁ懐中時計お試し版という目で見れば買いかなと。第二号は明日09/20発売ですが第一号付属の方のが好みですな。
わたしの周りにも懐中時計を使っている人は何人かいますが、時間を見る動作が周りで見ている人の方がめんどくさそうな感じがします。
まぁ電車で踊り子号に乗るたびにNREのパンフレットの鉄道時計買え買え暗示をかけられている気がするので、あまりハマらないようにはしたいですが。


おとといのWHF神戸の「とかいって知らんぷりして神戸とかで卓の内側にいたら笑えるけど。 」について何も学べない青空教室さんの2006年09月18日とkansaiteiさんの06/09/19からコメントいただきました。勘弁して下さい(苦笑)。今から何かオリジナルフィギュア作りはじめて10/22に複製まで間に合わせるほどの機動力はありません。行き方自体はGil's Tavernさんのレポあたりを見れば関東の人間がどのようなルートを取ればいいか書いてありますが。飛行機で往復25,000円かー。


今日のRio
全体を2000番の耐水ペーパーでやすりがけ。サフのむらを全部落とせ〜。
っていうか2000番なんて5年ぶりくらいに使った気がします。普段のフラットホワイトで表面を吹く場合だと400番以上やすってもあまり変わらない(ように見える)んですよ。
絵的にここ2週間くらい同じですみません。


2006/09/18 (Mon)

肌色
凶版SYLPHEEDのプロモーションムービーを見ましたがこれってSYLPHEEDでやる意味が全く無いなと思った今日この頃。どちらかというと劇場版フフフフフフファイナル(以下略)


さて、そろそろ書かなきゃと思ってなかなか書かなかった肌色の話。

当ページをはじめる前、普通の食玩収集趣味の会社員だった当時。
最寄り駅にプライズ屋さんがあり、食玩やUFOキャッチャーの景品等を会社帰りの夜10時とかに見に行くのが楽しみだったわけなんですが、そこのバイトの人が何故か店の中でガレージキットの塗装をしてました。狭い店内で、シンナー臭を充満させながら。印象に残っているのは軽音堂の綾波あたり。キットをご存知の方はその大きさが解るでしょうか。それくらいのサイズのキットがメインでした。北爪のフォウのアレとか。
その肌の塗装方法なんですが、肌をまず朱色で塗り、そこから肌色がグラデーションになるように光のあたる部分を薄くしていくという塗装法で、赤立ち上げ?正式名称知らないけど、サフレス塗装の知名度が上がる前くらいまではよく見かける塗装法だったのではないかと。詳しい人は歴史まとめページ作って下さい。
で、その朱の肌の状態を見て気持ち悪くてトラウマになったんですよ。来る客来る客、皆気味悪がって「あれ、なんですか?」なんて店長に聞いてたりしました。しかも塗装状態が、まぁ、なんだ、その、いわゆる空気嫁みたいな感じで。マイラバー(ゴム製?)。

当ページで塗装したフィギュアの肌のほとんどがつや消しなのは、その為です。肌の血の気が無く、その他の部分もケーキの上の砂糖菓子みたいなのもそれが原因です。
まぁそのおかげで上手いこと個性が出せたので結果オーライなわけですが。


でもそればっかりじゃあ流石にアレというか、基本が理解出来ていないと応用を説明出来ないので、しばらくは基本にのっとって塗装をしてみましょうか。


今日のRio
昨日タミヤのホワイトサフを吹きましたが、スプレー缶内のガス圧が弱く、吹いた所が部分的に粉だらけのひどい状態だったので、夜のうちにその上からGSIクレオスのベースホワイト1000を吹いてみました。たまたま未使用の在庫があったので(なんで?)。
で、今日は600番くらいの耐水ペーパーでヤスリがけして凹凸を削り、またベースホワイト1000を吹き直し。
教訓としては、エアー圧の下がったサフ缶は使用しないという事でしょうか。普段サフを吹かないとこういった基本的な事が解らないから。


a-News+ 1.61

Last Update : 2019/01/25 00:29:46 推賞環境:Safari 携帯電話は こちら
ディープリンクフリー、フレーム内リンクフリー。readme参照。

最新の書き込みを表示
コタツガ備忘録へ
studio KotatsugaHouse Homepageへ戻る
管理担当者にメールを出す
  2006/09 
Sun MonTueWedThuFri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Now, HERE, you see, it takes all the running YOU can do, to keep in the same place. If you want to get somewhere else, you must run at least twice as fast as that!